*

カルジェルネイルオフキットと従来のネイル比較

公開日: : 最終更新日:2014/10/15 ネイル

カルジェルは自分でやるよりネイルはサロンでしてもらう方がいいと感じました。
まず、最初のお手入れもしてもらえるし、極力爪に負担がかからないように、でも保ちがよくなるようにしてくれるし、アートもサロンの方が綺麗ですしね。

カルジェルネイルオフキットと従来のネイル比較をしてみました。

スポンサードリンク

カルジェルと、今までしてきたネイルを比べてみて

・本当に自分の爪のよう。
・自爪への直接のダメージがとても少なく、”自爪への負担が少ない”ということが実感できた。
・ネイル特有の臭いが全くなかった。
・施工時間が短かった。
・軽いつけ心地で、自然な仕上がり。
・スカルプチュアより料金が安い。

カルジェルのいい所

・爪にダメージが少ないところ。
・弱い爪も補強してくれるため、爪が折れる心配がない。
・自分の爪のようにナチュラルなつけ心地。
・お手入れが簡単
・取り外しが自分で出来る。
・嫌なにおいがない。
・長持ち。(手爪だと、3~5週間・足爪だと、8~10週間はもちます。)
などなど、興味をもたずにはいられないようなメリットがいっぱいです♪

またしたいと思いますが、カルジェルはスカルプチュアと違って爪の長さを変えられないので、次にするときは自爪を伸ばしから行いたいと思います。
でも、家事をしていてもハゲることなく、欠けたり折れたり・・・という心配がないので、カルジェルはオススメです。
しかも、負担をかけずに弱い爪を補強してくれるので、爪が弱い方や、伸ばしたい方には魅力的なジェルネイルシステムだと思います。

自分でカルジェルする方法

ここでは私が使った道具です。

ジェラッカー
私は自爪を痛めないように、アセトンで落とせる「クリストリオ ジェラッカー」を使っていますよ。

リムーバーで落とせるジェルネイルカラージェル

リムーバーで落とせるバイオジェル
ちょっとお高め^^;

バイオスカルプチュアジェル
リムーバーで落とせてとても優しいジェルです。

UVジェルネイル トライアルキット
・ジェルクリーナー
・クリアーベール15ml1本
・プライマリージェル15g1個
・フレンチネイルチップ10サイズ各2枚(20枚)
・ネイルファイル1本
・ジェルブラシ1本
・ネイルグルー1個
・ネイルワイプスポンジ24枚

なんだかんだと購入していたら、結構な額になりますが、私は今のところ上記の商品におさまっています♪
自分に合う使いやすい商品を見つけてくださいね。

カルジェルで準備するもの

◎ワイプ・コットン・ホイル・ダスターブラシ
ホイルはアルミホイルでOK!!ダスターブラシについては、私はいいものを買った方がいいと思います。
というか、筆類はこだわったほうがいいです!!

◎UVライト
カルジェルの定着には、「36W」の出力が必要になります。
18WのUVランプで時間を長くして光を当てたとしても、明るさが足りないのでカラージェルの底辺まで光が届かず、完全に固まりません。

◎ジェルセット
これはピンキリですね。

◎筆・チップカッター・クリアチップ
ブルックの筆は質がいいと聞きますよ。あと、筆はわけて使ったほうがいいです。

◎カラーパウダー・シェル・ラメ・ストーン
急いで必要なものではないと思いますので、安いときに買うことをオススメします^^
私の場合ラメは最初から使いました。

◎プッシャー
これはネットで買うのは気をつけた方がいいかも。あまりにキレすぎちゃうのも怖いですからね。
だいたいこれでワンセットですかね。

店舗に行って買った方が安いものと、ネットで探した方が安いものがありますので、色々チェックしたほうがいいと思います^^
私の場合、UVライトはネットでだいたい15000円前後だったんですが、近所でセールで7000円くらいで売ってましたし。
でも、あまりにお買い得すぎるのも注意が必要です!!
けっして安い金額じゃないんで、情報をたくさん集めて(信用できる口コミなど)納得いくものを購入してくださいね。
Sponsored Link

アクネケアおためしキット

関連記事

カルジェル・ジェルネイル格安通販サイト

あなたも自分でカルジェルしてみませんか。  最も売れているジェルネイルキットがコレ! カ

記事を読む

カルジェルオフキットとカルジェルスクールについて

カルジェル人気は、このところ右肩上がり!すごい人気ですね~。 ただ、カルジェルをオフ方法やお手入れ

記事を読む

PAGE TOP ↑